リハビリテーション科

voice of staff

先輩たちの素直な声いろいろ私たちと一緒に「清風会」でがんばろう!

子育てと仕事の両立に対する不安。日本原ではその心配はいりませんでした。

リハビリテーション科
言語聴覚士
Y.Hさん
北里大学 医療衛生学部
リハビリテーション学科
平成10年卒業

「もう一回、言語聴覚士の仕事がしたい。」
子育てしながら、ふと、そう思ったんです。

出産を期にSTを離れることになり、しばらくは子育てに専念していました。毎日子どもの変化や成長を見ることができ、とても充実していたんです。ですが「もう一回STの仕事がしたい」「あの充実感を味わいたい」という気持ちが、自分の中で日増しに大きくなっていくのを感じていました。
もちろん子育ても続けたいので、「なんとか仕事と家庭を両立できる方法はないのかな…」と、ずっと考えていました。

「日本原病院なら、託児所あるよ。」

そんなある日、友人から「日本原病院なら託児所があるよ」ということを聞いたのが、日本原病院でSTに復帰することを決めたきっかけなんです。 とはいうものの、子育てだけで大変な毎日でしたので、正直なところ仕事と家庭の両立ができるか不安でいっぱいでした。

ですが、それはただの取り越し苦労でしたね。周りの方は優しい方ばかりで、子どもの発熱などの緊急事態でも仕事の調整をしていただけるなど、困った時にたくさんサポートをしていただけました。

「ママ、きょうはこんなことあったよ。」

おかげさまで仕事中は家庭のことを全くといっていいほど忘れてしまうほど、充実したST生活が出来ています。それに子どもが託児所に行くようになってから、いろいろとできることが増えてきたことにもびっくりしています。今では託児所の先生と一緒に、子どもの成長を喜ぶことができ、それも毎日の楽しみになっています。今思えば、もっと早く面接の電話をしておけばよかったですね。

先輩たちの素直な声いろいろ(看護科)

新しい環境で頑張れるのは、先輩方や仲間の応援、そして、患者様からいただく「やりがい」でした。

リハビリテーション科
歯科衛生士
A.Yさん
ベル歯科衛生専門学校
平成20年卒業

「歯科衛生士としての幅を広げたい。」
歯科医院に勤務しているときから、
ずっと思っていました。

わたしは元々、日本原病院の前は、歯科医院に勤務していたんです。
当時から口腔予防にずっと興味ありましたが、口腔ケアは経験したことがなく、「歯科衛生士として、もっと幅を広げたいなぁ」と思っていた矢先に、日本原病院に出会いました。それが日本原病院に勤務するようになったきっかけです。

歯科医院と病院の違い。
最初は戸惑うことばかりでした。

歯科医院と違い、病院では、様々な職種で1人の患者様をサポートします。そういったところに魅力を感じ、日本原病院に就職を決めることになりました。しかし、はじめは戸惑うことばかりでした。
歯科医院と病院との仕事の違い、多職種の連携など、慣れないことばかり。ですが、そんなわたしを支えてくれたのは、先輩やまわりの方々のサポート、そしてやりがいでした。

患者さまからいただく「ありがとう」が、
わたしの宝物です。

病院全体では患者様の状態を共有し、ご本人とご家族が同じ目標に向かって歩みます。患者様とのコミュニケーションの中で、日々状態がよくなっていき、少しずつ、目標に近づいていることを患者様が実感できる瞬間。それが、わたしのやりがいです。
お口の中がだんだんキレイになっていくのを実感できたり、経口摂取できるようになったり。そんなとき、患者様からいただく「気持ちよかった」「ありがとう」といった言葉…。
それが、わたしが頑張れる、何よりの宝物です。

先輩たちの素直な声いろいろ(看護科)